サラリーマンはマイノリティが輝けるステージです|少数派の生存戦略を伝授

この記事は、個性あふれる人に「サラリーマンになることを勧める記事」です。サラリーマンはだめだ!みたいな人は離脱してください。おねがいします。

サラリーマンは、マイノリティ(少数派)が「最も安定的に稼ぐ手段」です。

これに気付くまで10年かかりました。18歳のときに気付いておけば、いまごろ管理職になれていたかもしれません。

冒頭でいきなり”信じられない結論”だと離脱したくなる気持ちはわかります。しかし、そんな人にこそ落ち着いて聞いてほしいです。

コーヒーでも飲んでリラックスしましょう。

コーヒーを淹れてリラックスする様子を如実に表した写真

落ち着きましたか?では話を進めます。

多数派のほうが安定していることは確実

マジョリティ(多数派)には圧倒的な数の力があります。そうそう切り崩せません。独創的な方法で稼げず、多数派にもぜんぜん同調できない。そんなマイノリティの人こそ、サラリーマンをやるべき。

サラリーマンは、組織人です。組織人たるもの異端であることは決して許されない…と考えてしまうのが通常です。

しかし、サラリーマンは「少数派意見」が勝てる世界です。周りと同じことをやっていても、絶対に平均点以下しか出せないのです。

何のマイノリティの人でもいいです。とにかく「自分は変わっているかもしれない」「普通じゃないのかもしれない」そんな自己評価があれば、サラリーマン向きだと思います。

サラリーマンとして活躍するための3つのポイント

サラリーマンとして活躍するためのポイントを、3つだけ紹介します。

「金を稼ぐ(成果を出す)」「大切な人を守る(家族や部下)」この2つのミッションは果たす必要があります。

まずはこれをやればOK、という内容です。

①いい匂いがする
②コミュニケーションが普通にできる
③素直である

①いい匂いがする

まずは「いい匂い」がすることです。外見はそんなに重要ではありません。清潔感があれば良いです。

いい匂いがする人に対しては、人間はそこまでキツく当たれないようになっています。攻撃される確率が減らせます。

いい匂いといっても、キツい香水や独特なフレイバーはNGです。目指すのは「風呂上がりかな?」と思われる程度の感覚。

ここは自己投資しまくって大丈夫なポイントです。まずはいい匂いをさせましょう。

穴と言う穴+臭いそうなゾーンを徹底的に押さえておくべきです。(ここでアフィリリンクを差し込まない優しさ)

②コミュニケーションが普通にできる

会話ができることは超重要。コミュニケーションが「普通にできる人」って、実はかなり少数派です。マジョリティたちの個性的な会話・文章たるや…。

何か聞かれたとき、結論・回答から話すのは基本です。目上の人・目下の人というカテゴライズもせず、家を出たら【全員】に対して敬語で接しましょう。

闇社会の人が異常に丁寧で逆に怖いのは、コミュニケーションで外したときの恐ろしさを知っているからです。

誰に対しても対等に接することができる人って、現代社会においてかなり貴重です。

③素直である

素直であることも大切です。自分が人として大切なことをキープしていれば、集団生活はそんなに大変ではありません。

何か指摘されたら直す、それを積み重ねていくだけです。ちなみに、直すかどうかは、自分のものさしで判断していいです。

サラリーマン活動は、マジョリティと共生する方法の【研究職】だと考えましょう。毎日に、発見があります。

自分の中にも、マジョリティな部分があることに気付きます。うわ、このゴミ箱まじでカッコいい。。



サラリーマンの不安を煽る人

サラリーマンの不安を煽る人たちは、それが仕事の人もいますし、特別な才能を持った希少種である可能性が高いです。

ごく平凡で「センスだけ異端」な私が、仕事を転々としてみた中での発見を紹介します。

それは、仕事には2種類あるということです。

仕事には「やっている間は稼げるが、辞めたら何も残らないな」という仕事と、「辞めても他でやっていけるな」という仕事があります。

後者の「辞めても他でやれる仕事」だと思えるなら、すぐに辞める必要はないです。

他でも再現性のあるキャリアが積める業界は

国がルールを定めているウェイトが多い仕事(法律からむ系)や、手に職系(IT・デザイン)は、他でも再現性があります。

雇ってもらってもいいし、開業にチャレンジしてもいいと思います。

私は不動産関係・法律関係の知見が多少あるので、まあ何とかなるだろうと思いながら生きてます。

大切なのは【誰も自分のケツは持ってくれない】という事実です。自分でケツが持てるなら、やりたいことをやったらいいと思います。

会社員のほうが確実に安全だし、時間を生み出せばやりたいこともできます。

音楽を作りたかったので作った

超久しぶりに、新曲をUPしました。同じような毎日を繰り返しても成長していく様を、ベースラインに籠めました。

本当はもっと化粧をしてから世に出すのですが、土日の隙間の時間だけを使って作ったすっぴんの姿が気に入ってます。

以前の楽曲

以前の楽曲を聴いてみていただければわかるように、全く手の込みようが違います。でも今の感覚で聴くと、新曲のほうが自分の耳には刺さる。超自己実現できてるなという話。

6番目の欲求を知っておいたほうがいい

マズローの5段階欲求説は、ビジネスマンなら皆ご存知かと思われます。最上位の欲求は「自己実現の欲求」かと思いきや、実はその先があるのです。

それは【自己超越】です。この領域に達することができるのは、全人類の2%らしいです。

その2%は確実にマイノリティから排出されます。どこにいるの?そんな人。

ここにいます。そして生きています。DJフナキングのTwitterをフォローしておけば、生きづらい人が普通に生きる方法を知れます!


ギブの精神だけで運営しているので、気軽に絡んでみてくださいね😉

この記事は、ただただ、サラリーマンを勧める記事です。

毎日、思考を鍛えましょう!

▷社会人戦闘力について解説した記事



画像を気軽に編集したい人への記事

気の緩みって何?2020年の総括と、2021年を面白くする方法も提案します

謹賀新年🍊年賀状で刺す

明けましておめでとうございます!”画像投稿の悦びを知りやがって、俺にもさせろよ”こと「画像投稿の悦びおじさん」です。

2020年はサラリーマンとして成長しすぎてしまったので、2021年は芸術家としての活動に力を入れていきたいと思っています。

みんな健康でいてくれ!

いいものはいい、悪いものは悪い。自分は自分、あなたはあなた。このような【当たり前】を自然に認知できることが大切です。

2020年の話題として避けては通れない「コロナ」についても同じです。コロナウイルスに感染すると…【なんだかとてもやばい扱いを受けそう】ここは全員一致だと思います。

私はリアリストなので「だったらかからなければいい→仕事が高リスク→詰んだ」という状態でした。でも気を付けるしかない。

気の緩みって何?

気の緩みっていうのは【やれることを、やらない】という意味です。某大臣の煽り芸はこの際、忘れましょう!アナーキズムもいいが、やれることは、やる!

ガンジーの教えに学ぶ

右と左を間違ってるけど、ど真ん中を進む果物アーティストにはあまり関係ないのでOK。

左の頬を張られたら、右の頬を差し出す系の男子はこちらです。

気の緩みってのがこれ

右だとか左だとか?

 

 

『くっっっそ下らないなコレ!』

 

はい。その感想は計画通りです。確実に【脳の深部】に叩き込みました。この記事を見た人は、コロナに感染する可能性が『8割減』しました!もう気の緩めようがない。

手洗い・うがい・笑いを大切に、2021年を盛り上げていきましょう。

2021年を楽しくする方法を提案

おすすめしたいのは『IT関係の何かしらを勉強する』です。今後、確実に【PCスキル】がないとやっていけない世界が来ます!残念ですが、これは絶対です。

どのくらいのスキルがあればいいの?っていうのは難しいところ。ちなみに自分は全然ザコキャラです。他の知識があるから何とか需要がある感じです。(バナナアートとか)

とりあえず私と関わっていれば、ザコキャラの成長していく姿が見届けられます。IT関係のスキル習得にどのくらい時間かかるか見極めるのにも活用できますね。

お気軽に話しかけてください

こないだフォロワー数千人の人に「フォローバックがなくてもフォローしますね!」って、(フォロー返してね!)って言ってみたんですけど、フォロバしてもらえませんでした!

フォローってそんなに価値のあるものだったのか。だったら、フォローするからお気軽に話しかけてくださいね!私からのフォローを「プレゼント」しますね☟


☝あなたから搾取する気ゼロのTwitterはこちら☝ちなみに搾取される側は「搾取される側同士で争うから」絶対に抜け出すことができません。与え合いましょう!

今後も下らない投稿の中に【真理】をねじ込んで『いつの間にか社会人戦闘力が上がっちゃうサイト』構築を頑張ります😉フナキングより☯

👉熱い心を取り戻したい人はこちらの記事もどうぞ!

この音楽は18禁で切れ味は上四方固めつまり6.9🚷

おじさんの恐ろしさを君はまだ知らない

こんにちは!小さい頃から警察官に本当の意味でお世話になりまくったので悪いことができない人、DJフナキング特命係長です。

というのも、もともと柔道選手で、ゴリゴリの武闘派でした。得意技は「上四方固め」(数値で表すと6.9みたいなやつです)

でも大人は、それでは通用しません!社会に出て思ったのは、本当に怖いのは「メガネにスーツのおじさん」でした。おじさんの勝ち!



本題はこっちです!

この曲がかっこよすぎて、鼻水が止まらなくなりました!フムフム、5年前の曲か。誰が作ったんだろう…

 

作ったのは私、DJフナキングでした!

この曲にはゴリゴリの武闘派だった頃の切れ味6.9と、夜の街で培った経験知がすべて込められています。

今はこの勢いでサラリーマン(34歳)してます。「メガネにスーツのおじさん」しか勝たんってのは、そういうことです。👊

今こんな曲が作れるかといったら、自信はありません。きっとムーディーなJAZZを創っちゃいます。やはり生き方は、作品に表れます。

コストはギリギリ・納期も近いとなれば、人間はとてつもないパワーを発揮します。それを知っているサラリーマンは、強いですよ。

少し早いクリスマスプレゼント🎄

このツイートはTwitter界にかなりのインパクトを残せた。

この記事は、私が私である理由の歌を聴かせたかったために投稿したものです。

本日伝えたいのは、おじさんがおじさんであることを、もっと誇ってくださいってことです😉あなたを、尊敬してますよ!👊

フナキング🍌



▷真の社会人戦闘力について語ります

▷熱さを取り戻す方法も語っちゃいます

2019年の総括【やりたいこと以外】の中の『できること』で急成長する話

2019年の総括

2019年は変革の1年でした!何年も音楽活動を休止して、エネルギーを労働に全振りしてきました。やはりひとつのことに集中しないと、いっぱしにはなれません。

いま芸術や表現の活動をしている人々に覚えておいてほしいことがあります。夢に向かって後戻りできなくなっても、そのまま進むと崖なら「飛び越えるか方向を変えるしかない」です。

後戻りはしてない!

例えば私は、音楽活動に行き詰まりを感じてサラリーマンの門を叩きました。これはよくある【挫折】なのでしょうか。私は全くそのように思いません。

音楽家であり企業戦士な私ですが、どちらも「仮の姿」でしかなく、本来の自分は「バナナアーティスト」だったようです。

誰もが「ペルソナ(仮面)」を世の中に投じて、集団生活を調和させているのです。「本来の自分」のまま、世の中が自分に優しくしてくれるケースはまれです。

誰もが自分のやりたいことで生きていけるなら、世の中は混沌としてしまいます。自分の「やりたいこと」と『できること』を把握して、生存戦略をたてていきましょう。

まずは自分の『できること』で、成果を出してみる

自分の「やりたいこと」の活動がパっとしないなら、そこに割いているパワーを『できること』に全振りしてみましょう。

少しではなく【全振り】がキーポイントです。私は未経験歓迎の求人にかたっぱしから応募して、一番最初に採用してくれた会社に全てをプレゼントする思いで企業戦士になりました。

「やりたいこと」以外は何でもいい

ここでアドバイスです。「やりたいこと」の反対は【やりたいこと以外】と名付けましょう。やりたいことができないうちは【やりたいこと以外】をやるしかないのです。

【やりたいこと以外】の中から『できること』を見つけられると、めちゃくちゃ成果が出ます。何でそうなるのかは、まだ私にも答えが見つけられていません。

ただ「やりたいこと」には、集団生活には必要ないポリシーやこだわり・譲れない何かがたくさん含まれており、障害になる場合もあるのかな…と、予想しています。

ノスタルジーに浸って何が悪い?

好きなアーティストが「ノスタルジーには浸らないぜ」って言ってたせいで、ノスタルジーに浸ってはいけないと思い込んでいました。

いや、何が悪いの?って、今は思ってます。【やりたいこと以外】に全力をぶつけていたとき、乗り越えられたのは「過去のキラキラした思い出」のおかげでした。

Nostalgia

これは特命係長としての数々のドラマをすべて美しい思い出にしてしまう曲です。辛い時期でもいい思い出の1つや2つ作れるので、とりあえず【生きろ!】

2019年関わった全ての人々に、ありがとうございます🎍2020年のフナキングは、一皮ずる剥けで成長しまくりの一年でした。

冬はこたつでチルイン ☯Funaking☯

この記事は2020年の終わりに、2019年を振り返ったリライト記事です。2021年になる前に、2020年を振り返って来年の成長に備えようと思います。日々精進ですね😄

2020年の総括はこちらです!気のゆるみって何?

フナキングアートミュージアム(F.A.M)の運営を再開しました👑

とある芸術家の苦悩

何のために芸術活動しているのか、よくわからなくなった瞬間があります。よくある、自問自答しすぎた結果です。

自由を感じることができるのは、音楽をやっているときだけでした。しかし当時は、かなり精神的に追い詰められていました。

楽曲提供や音源が生活費を生み出さないのであれば、本当にDEADするしかない…と🍌

ふと電車に乗ると

電車には「死んだ魚の目をしたスーツの男たち」が、ウヨウヨしていました。DEADしたままでも企業戦士として戦う彼らに勇気づけられました。

同時に「俺が企業戦士になれば、この人たちの100万倍は超人パワーがあるから、余裕で勝てるんじゃないか?」と考えました。

そして安易な気持ちでサラリーマンに

採用してくれた面接担当者さまには、今でも感謝しています。思ってたよりキツ過ぎる逃げ出せない状況は、芸術的なサラリーマンとしての力をグググっと成長させてくれました。

ビジネス知識を持たず企業戦士になった芸術家は、毎日9時~23時の仕事の鬼と化していました。承認欲求の赴くまま鬼労働を重ね、いつの間にか「特命係長」になっていました。

数々のドラマを経て3年経過した頃、優秀すぎる先輩から本当のビジネススキルを学ぶ日を迎えることになります。

エッセンシャル思考に出会う

「真の芸術家は他の何にエネルギーを向けても活躍できるから余裕説」を立証したところで、燃え尽き症候群みたいになってた芸術家は、エッセンシャル思考に出会います。

これは「99%の無駄を切り捨て、本当に大切な1%のことに集中する」思考法です。

「そんなこと日本のサラリーマンにできるわけないだろ!」という声が聞こえてきそうです。実際、私もそうでした。

しかし、承認欲求を捨ててエッセンシャル思考を実践することで、自分の時間が確保でき生産性も上がり、ビジネススキルは【爆上がり】しました。

最近のトイレはどこ行ってもノーガードだな!!

最近のトイレはどこに行ってもノーガードすぎて、辟易としていました。しかし、これもまた「99%の無駄を切り捨て、本当に大切な1%のことに集中する」姿なのです。

「ちょっと何言ってるかわからない」って?であれば、わたくし特命係長の発信する【これからの時代の芸術家の生き方】に、振り落とされないようについてきてください!

最強のメンタルを手にした状態【バナナヘヴン】に連れていってあげます。

この記事は2019年12月29日の投稿を、リライトしたものです。当時と内容は同じですが、中身がなくても読みやすいはずです🍌文章力が爆上がりしているため🍌笑