マクドナルドのコーヒーが熱すぎてビジネスマンの心まで熱くなってくる?

ホットな話題をシェアします!

こんにちは!日本一のバナナアーティスト、読むドラッグこと、DJフナキング特命係長です。本日は、営業トークに役立つホットな話題を、あなたにシェアしようと思います。

マックかマクドか問題

マクドナルドを何と呼ぶか?その話題は、ときに営業トークの「アイスブレイク」に使用できます。以下で、とあるトップセールスの発言を引用します。

「俺らの地方では『マクドナ』って言うけどな」

「マクドナ」いや、さすがにそれは無い…!と思いつつも、そのパワーワードの虜になった私は、事あるごとに『マクドナ行く?』と言い、周囲を困惑させてきました。

マクドナのコーヒー☕

マクドナのコーヒーの特徴

熱い

ただひたすらに。

味は…

だが、それがいい

Love to the chill outsiders

約30分の全曲オリジナルMIX ☕

燃え盛るようなマクドナのコーヒーを飲みながら、聴いてみてください。聴き終わる頃には、ちょうどいい温度になっているはずです。

マクドナのコーヒーは、ただひたすらに…

この話を思い出せば、あなたはいつでも情熱を取り戻して、突き進んでいけます。

ここまでは前向きなマインドをキープするための「マクドナの話」です。「熱い」イメージを脳に焼きつけました。ビジネスマンは熱さを忘れてはいけません。

営業トークに使える「マクドナの話」

お客様にあれこれ聞くにはまだ関係性が築けていない場合、アイスブレイクとして「マクドナの話」が使えます。

話題がなければ、ぜひ「そういえば〇〇さんって〇県出身ですよね!マクドナルドを何て呼ぶんですか?」と聞いてみましょう。

「マクドナの話」を出すメリット

こいつちょっと面白いかもって思ってもらえて打ち解けます。もう一歩踏み込んで、バナナアーティストのTwitterの話をしてもいいかもしれません。(やめとき)

「マクドナの話」を出すデメリット

温度感覚を間違えると、大やけどします。しかし「マクドナルドのこと何て呼ぶんですか?」のリアクションで温度感覚は測れます。これが「ヒアリング」です。

「マクドナのコーヒー」くらい熱い商談だけやれれば楽勝ですが、現実は厳しいです。まずは「アイスブレイク」で打ち解け「ヒアリング」で問題解決の道筋を探りましょう。

まとめ

営業トークは奥が深いです。まずは成績優秀なトップセールスの話し方をマネするのが、再現性が高くおすすめです。

長く続けていると、燃え尽き症候群みたいになるのは普通です。そんなときは燃え尽きた灰ではなく、熟したバナナのイメージに切り替えてください。

「ようやくバナナアーティストに一歩近づいたか」「そういえばマクドナのコーヒーの話があったな…」ほら、もうあなたは何度だって立ち上がれます。

FUNAKINGより、愛をこめて
☯☕☯

コメントを残す👌