芸術活動の意味とは?みかんアーティストがお教えします【力の解放】

悩める若者たちへ

こんばんは!今宵は「芸術活動って何なんだ?」とか鼻くそみたいな悩みを抱えていたころを振り返りながら、生みの苦しみに悩める若者に「芸術活動の意味」を叩き込みます。

芸術活動とは何か?

自分にとって芸術活動とは『力の解放』そのものでした。20代を終えるまで、本当にやりたいことを、やりたいようにやってきた自信があります。

しかし、そのままずっと生きていけるほど「日本国」は甘くありません。ありとあらゆる手法で芸術家を経済苦に追い込み、将来への不安を煽ってきます。

あなたは、おそらく将来への不安を抱えてこの記事に辿り着いたのだと思います。というか、このサイトはそういう風に作ってあります。(スキル高すぎ…!)

ひとつだけ若者に教えておきます。別に「芸術家としての大成」と「社会的評価」はイコールじゃない!です。

芸術活動に手を出すと、間違いなく「これで成功しないと周囲への申し訳がたたん」「ここまでやってきたのに後戻りできない」このような精神状態になります。

まずは自分の悩みが「生みの苦しみ」なのか「将来への不安」なのか、自問自答してみましょう。きっと、ただの漠然とした「将来への不安」だったと気付けます。

芸術活動の意味とは

創りたいものを創ったらいいです。大金を手にしたいとか、大人気のスーパースターになりたいなんてのは「芸術活動」ではありません。それは「目的」を見失っている。

芸術家なんてのは本来わがままです。「何で認められないんだ!」とか、同世代が幸せそうな家庭を築いていて「俺は何をやってるんだろう」なんて悩む生き物じゃない。

意味なんて「ない」です!はじめて物を創ったときの悦びを、日常的に感じ続けることが大切です。目的を見失わないための有効な手段があるので、お教えします。

みかんに絵を描き食す

製作者の気持ちを無視した悪魔的行為、まるで『サンプリング』です。そして発表してしまうところまでがセットです。

「力みなくして解放のカタルシスはありえねェ…」これは某史上最強の生物の発言ですが、芸術家も同じです。あなたのみかんアートを私に送ってください。

このくらい自信満々でいいです。創りたいものを創って、本能のおもむくままに才能を爆発させちゃってください。やりきったとき、あなたはスッキリしているはずです。

 
 

消力(シャオリー)も紹介します

究極の力の解放のあとは、脱力を極めてみましょう。そう、消力(シャオリー)です。

 

これほど高いレベルで実現された消力は見たことが(略

3年前に出したアルバムを無料で公開してます。このアルバムを創ったときは「生みの苦しみの極致」でした。というか100万RT不可避の作品でワロタ…🍊

私は音楽活動での「社会的評価」が不足しすぎて悩んでいました。しかし、目的が「芸術家としての大成」であったことに気付いたため、大丈夫になりました。

もはや「日本一のバナナアーティスト」名乗ってもいいですよね?異論は「鼻くそ」です。ティッシュで丸めてポイしちゃいます。(これが【芸術家】ですよ!)

まとめ

不安を煽ったり心をがざわつかせてビジネスに誘導するようなのが流行ってます。あなたの目的が「社会的評価」ならば、乗っかってもいいと思います。

しかし、芸術家など「表現者としての大成」を目指すのであれば、「自分の人生」を芸術作品にすることをおすすめします。基準はあなたの中にしかないからです。

私はサラリーマン活動も「芸術家」のマインドで行っているので、どんどん目的地に近づいています。その姿を公開することで、一人でも救われることを祈っています😉

フナキングのツイッターをフォローすると、芸術家のマインドを学べます!

☟ ☟ ☟

☝ ☝ ☝



コメントを残す👌