👑F・A・Mの運営を再開しました👑

とある芸術家

何のために芸術をやっているのか自問自答しすぎた結果、 何のためにやっているのかよくわからなくなった。

音楽をやっているときだけが自由を感じられる男は、
楽曲提供や音源が生活費を生み出さないのであれば
本当にDEADするしかない状況まで精神的に追い詰められていた。

ふと電車に乗ると
「死んだ魚の目をしたスーツの男たち」が、

ウヨウヨしているではないか!

DEADしたままでも企業戦士として戦う彼らに勇気づけられた芸術家は、

「DEADしそうなまま芸術活動を続けてみようかともちょっと思ったけど、
俺が企業戦士になればこんなDEAD・EYE・FISHたちには
余裕で勝てるんじゃないか?」と考えた。

そして安易な気持ちでサラリーマンに



思ってたよりキツ過ぎる且つ逃げ出せない状況のまま

いつの間にか「特命係長」として 労働の喜びに憑りつかれていくのであった…!



数々のドラマは守秘義務で話せず



「真の芸術家は他の何にエネルギーを向けても活躍できるから余裕説」を立証した話


最近のトイレはどこ行ってもノーガードだな!!

最近のトイレはどこ行ってもノーガードだな!! 👑

コメントを残す👌